logo

福井県民生協 組合員新規加入申込


福井県民生協にお申し込みいただきありがとうございます
※すでに組合員の方は資料請求ページよりお申し込み下さい
 資料請求ページへ

画面の入力内容にしたがって申込み情報の入力をお願いします。

[必須]となっている項目は必ずご入力ください。

  • 必須

    メールアドレス

    ※半角英数字

以下の規約をご覧のうえ、ご同意頂ける場合は、「同意する」にチェックを入れてください。

  • 必須
    サービス利用規約

  • ◯出資金の増資・減資の取扱いについて

    【出資金取扱い規約】
    (総則)
    第1条 出資金の増資、減資における取り扱いについては、定款上定めるもののほかこの規約の定めるところによる。
    (出資口数の限度)
    第2条 組合員の有することのできる出資口数の限度は、1000口とする。
    (出資口数の増加)
    第3条 組合員は次のいずれかの方法により出資口数を増加(以下「増資」という)することができる。
    (1) 口座登録増資・・・・組合員の申し出により増資登録を行い、登録金額を供給代金と共に月1回引き落とす
    (2) つり銭登録増資・・・組合員の申し出によりつり銭端数増資の登録を行い、登録したつり銭端数額をレジ通過毎に増資
    (3) 割戻金振替増資・・・組合員の申し出により出資配当、利用割戻金を増資する
    (4) 手書き増資・・・・・組合員がOCR注文用紙に増買額を記入し増資する
    (増資の継続)
    第4条 出資口数が100口に到達した場合は、第3条(1)、(2)に定めるところの出資口数の増資登録を継続するか否かを組合員に確認するものとする。
    (出資金一口未満の金額の扱い)
    第5条 1口に満たない金額は出資預り金として扱い1回に達した時点で出資金に計上する。
    (出資口数の減少)
    第6条 出資口数を減少する場合は、この組合の定める減資申込書に減資しようとする出資口数を記入し、これをこの組合に提出しなければならない。
    2 組合員は、その出資口数が1000回を超えたときは、1000口以下に達するまでその出資口数を減少しなければならない。
    (減資の支払)
    第7条 減資における出資金の払い戻しは年2回実施する。減資申込書受付期間と支払期日はつぎに定めるところによる。
    (1) 1月から6月受付分 9月末支払
    (2) 7月から12月受付分 3月末支払
    (改廃)
    第8条 この規約の改廃は総代会の議決を得なければならない。

    ◯出資金返還の時期について
    本日お預かりした出資金は、生協の運営資金として活用させていただきます。
    そのため、生協の経営の安全性をかんがみて、「生協法」に基づき「福井県民生協定款」第10条では「自由脱退」、第11条では「法定脱退」、第13条では「出資金返還」、第17条では「減資」について以下のように定めています。
    また、この出資金は今後「つみたて増資」等で増額した分も含めて生協脱退時に全額返還させていただきます。 ただし、脱退の事由により出資金返還の時期が変わりますのでその旨ご了承をお願いします。

    【県民生協定款】(抜粋)
    第2章 組合員及び出資金
    (自由脱退)
    第10条 組合員は、事業年度末日の90日前までにこの組合に予告し、当該事業年度の終わりにおいて脱退することができる。
    (法定脱退)
    第11条 組合員は、次の事由によって脱退できる。
    (1) 組合員たる資格の喪失
    (2) 死 亡
    (3) 除 名
    (脱退組合員の払戻し請求権)
    第13条 脱退した組合員は、次の各号に定めるところにより、その払込済出資額の払戻しをこの組合に請求することができる。
    (1)第10条の規定による脱退又は第11条第1号若しくは第2号の事由による脱退の場合は、その払込済出資金に相当する額。
    (出資口数の減少)
    第17条 組合員は、やむを得ない理由があるときは、事業年度の末日の90日前までに減少しようとする出資口数をこの組合に予告し、当該事業年度の終わりにおいて出資口数を減少することができる。

    定款を基本としながら運用で、以下のように取り扱います。

    ★出資金返還時期について

    ●法定脱退(県外転居・本人死亡)の場合
    受付から約3か月後にお返しします。
    商品代金支払いが終了した時点で申請口座に振り込む手続きを行います。購入商品より請求・口座引き落としまでの期間が1ヶ月程度ずれ込むことがございますので確認期間として、約3ヶ月のお時間を頂くことをお願いしています。

    ●自由脱退
    毎年12月末日まで受付分を翌年4月中旬頃にお返しします。

    ●減資
    6月末日まで受付分を9月末日に、12月末日まで受付分を翌年3月末日に、それぞれお返しします。
    減資できる金額は100口(10万円)を超える部分となります。

    ◯みなし自由脱退について
    氏名及び住所等の変更がありましたら、コールセンターまでご連絡下さい。(TEL0120-016-165)
    3年間利用・増資等がなく、連絡が取れない場合は、脱退扱いとなります。
  • 必須
    個人情報取り扱い

  • 1.個人情報の利用目的

    お預かりした組合員個人情報は、以下の目的のため利用させていただきます。

    ・出資金の管理、組合員台帳の管理。
    ・注文商品のお届けや利用明細書等のお渡し。
    ・ご利用代金の計算・請求関連業務(金融機関への請求データ提供を含む)。
    ・商品のお問合せ、商品事故の際のご連絡。
    ・商品、サービスのご利用に関わる各種ご案内とご連絡。
    ・組合員価格、品揃え、サービスの改善や生協の事業効率の分析。
    ・商品、サービスまたは生協の運営改善に関わるご意見集約。
    ・生協の運営や活動に関わる情報のご提供。
    ・共済契約の引き受け、維持管理
    ・共済商品・サービスの案内・提供
    ・上記に関連・付随する業務、及び業務を適切かつ円滑に履行するため

    情報をご提供いただけないと、生協の提供する事業・サービスをご利用いただけない、あるいは生協にご加入いただけない場合があります。


    2.個人情報の共同利用

    加入申込書にご記入いただきました情報、及び商品ご利用履歴、ご出資履歴を、前項利用目的の範囲において、以下の団体と共同利用させていただきます。
    なお、共同利用における情報の管理責任は、福井県民生活協同組合が負います。
    ・日本生活協同組合連合会
    ・日本コープ共済生活協同組合連合会
    ・生活協同組合連合会コープ北陸事業連合
    ・エルシーコープ株式会社
    ・株式会社コープサービス福井
    ・一般社団法人 ほのぼのハーツ
    ・ふくいレインボーファーム株式会社
    ・株式会社 ケア・サービス・アイ
    ・コンビニハーツ株式会社
    ・株式会社関西丸和ロジスティクス
    ・福井県生活協同組合連合会
    ・公益社団法人ふくい・くらしの研究所

    これら共同利用先とは、情報管理に関する契約を交わし、お預かりした個人情報を厳重に管理していきます。


    3.個人情報の預託

    通常は個人情報を移転させない取引先に対し、商品事故やクレーム時の共同対応のため、個人情報を預託することがあります。
    また、コンピュータデータ処理などの目的で、お預かりした個人情報を預託する場合があります。
    このような場合、当該預託先との間で個人情報保護に関する契約書、もしくは誓約書を交わし、情報管理を徹底します。


    4.個人情報の開示

    福井県民生活協同組合でお預かりした個人情報は、ご本人に対し開示することができます。開示の結果、間違いがあった場合には訂正することができます。
    削除も要求できますが、生協ご在籍期間中は削除することができない情報もあります。
    開示ご希望の方は、福井県民生活協同組合コールセンター(TEL. 0120-016-165)へお問合せください。ご依頼から2週間以内に、担当部署より提示させていただきます。

    5.脱退後の扱い

    生協ご加入中にご利用いただいた商品の事故などへの対応、お問い合わせへの対応、生協へ再加入される場合の便宜等のため、脱退後も個人情報を保有させていただきます。
    情報の削除をご希望されることも可能です。しかし、在籍中にご利用いただいた商品の事故が生協を脱退された後に発生した場合の、PL法(製造物責任法)に基づく賠償責任は、
    商品ご購入から10年間に渡り販売者が負っています。万一の際に迅速に対応させていただくためにも、情報の継続保有にできるだけご理解をお願いします。保管情報の安全管理には、十分注意を払わせていただきます。

    6.個人情報に関するお問合せ先

    福井県民生活協同組合 個人情報管理事務局 
    (コールセンターフリーダイヤル)    TEL 0120-016-165
margin30